吉田勝次の一家離散は父親が原因?生い立ちはオタクで問題児だった!

※当記事は記事内に広告が含まれる場合があります。


スポンサーリンク

 

「クレージージャーニー」や「マツコの知らない世界」などのテレビ番組でお馴染みとなった洞窟探検家の吉田勝次さんですが、生い立ちが壮絶だと話題になっています!

そこで今回は気になる吉田勝次さんの、

・一家離散は父親が原因
・生い立ち
・収入と職業
・プロフィールと経歴

などについて調べてみました!

 

スポンサーリンク

吉田勝次の一家離散は父親が原因

吉田勝次さんは、高校1年の時に「一家離散」を経験しています( ゚Д゚)

なんともつらい経験ですが、原因は父親が蒸発してしまったことにありました。

ある日父親は、

「お前も大人になったら俺の気持ちがわかる」

と吉田勝次さんに言い放ち、家を出て行ってしまったのだとか( ゚Д゚)

母親はショックのあまり睡眠薬を飲んで救急車で運ばれてしまいました。

一家離散となった吉田勝次さんは、せっかく入学した高校を8月で中退し、アルバイトで生活費を稼がなかればならなくなりました。

 

吉田勝次の生い立ち:子供時代は鍾乳洞へ

吉田勝次さんは、子供時代には岐阜県和良村にある母親の実家から油石洞(郡上鍾乳洞)に1人でよく行ったといいます。

「立入禁止」の金網の先が気になって、覗き込んでいたのだとか。

「未知未踏の世界を見たい」という好奇心の強い小学生だったようです。

このころから探検好きだったのですね♪

吉田勝次さんの洞窟探検の原点がここにありました。

 

吉田勝次の生い立ち:中学時代は鉄道マニアで問題児

中学生時代の吉田勝次さんは、鉄道マニアで乗り鉄でした!

鉄道マニアにも、音が好きで録音をする「聞き鉄」や、写真を撮るのが好きな「撮り鉄」などがありますが、吉田勝次さんの場合は鉄道に乗るのが好きでひたすら乗っていたと言います。

これだけで終わっていれば、可愛い中学生だったのですが・・・。

吉田勝次さんにはヤンチャな一面もあったのです。

喧嘩に明け暮れる毎日で、バイクを盗むなど警察沙汰になるここともしばしばありました。

「半年に一度は警察のお世話になっていた」とのことですから、半端なヤンチャではなかったようですね(-_-;)

 

 

吉田勝次の生い立ち:高校時代

前述に繋がりますが、高校を入学して間もなく、父親が蒸発したことで、吉田勝次さんは学業を続けられなくなりました。

せっかく入った高校も8月で中退し、生活費を稼ぐためにアルバイトに精を出す生活に変わっていきます。

「目の前の生活だけで将来の展望なんて二の次、三の次」

とにかく生活費を稼ぐことだけで精一杯でした。

その後、吉田勝次さんは建設会社に就職します。

 

吉田勝次の収入と職業

洞窟探検家の吉田勝次さんの職業は、愛知県一宮市にある「有限会社勝建」という建設会社の代表取締役社長となっています。

21歳の時に起業し、収入のメインはこの会社から得ているようです。

具体的な収入の金額は公開されていませんが、このほかにテレビ出演や洞窟を撮影するガイドなどの仕事からも収入を得ています。

他に「洞窟ばか」「素晴らしき洞窟探検の世界」「写真集洞窟探検家」などの著書も出しています。

それらを合算すると、少なくとも1,000万円以上は確実に収入があるものと思われます!

 

吉田勝次のプロフィールと経歴

名 前 吉田勝次 (よしだ かつじ)
生年月日 1966年12月19日(57歳)
出身地 大阪府大阪市東住吉区
住 居 愛知県一宮市今伊勢町
職 業 洞窟探検家兼洞窟写真家
一般社団法人日本ケイビング連盟会長
Japan Exploration Team代表
有限会社勝建代表取締役

元々登山を趣味としていた吉田勝次さんでしたが、1994年に雑誌で参加者を募集していた静岡県と愛知県の県境にある洞窟探検に参加。

以後、ケイビングを趣味とし、1996年には仲間と共にJapan Exploration Teamを結成する。

2011年には一般社団法人「日本ケイビング協会」を設立、洞窟探検のガイドやテレビ撮影のガイド・サポート、洞窟ガイドやレスキューの育成活動、さらには洞窟に関する学術調査などの活動も行っています。

 

 

吉田勝次の一家離散は父親が原因?生い立ちはオタクで問題児だった!まとめ

今回は吉田勝次さんの一家離散や生い立ちにまつわる情報を紹介しました。

ヤンチャに過ごしていた吉田勝次さんでしたが、父親の蒸発で突然の一家離散という壮絶な体験をしたことには驚きましたね( ゚Д゚)

しかし、めげることもなく生計を立てるため、高校を中退しアルバイトに精を出していた青春時代。

「生きるためにはそうするしかなかった」ということでしょうが、驚くばかりの吉田勝次さんの生い立ちでした。

これからも吉田勝次さんの活躍から目が離せません!

また何か新しい情報がわかり次第お知らせしていきますね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました♪

 

タイトルとURLをコピーしました